FC2ブログ

上杉謙信の写真!? ‐三田光一の念写上杉謙信をカラー化

謙信




元画像
念写謙信


修復した白黒写真
謙信白黒写真





肖像画
肖像画謙信




この元画像とした写真は、明治の超能力者、三田光一氏の”念写”によるものとされています。
ネットで拾うことができた画像は、写真としてはあまりにも不鮮明なもので、写真としての体をなしていないと言えるものですが、何とかわずかに確認できる陰影を頼りに絞り込んでいくと、このような顔が現れました。マイクタイソンに似てますね。
これは、肖像画からは伝わって来ない雰囲気です。


三田光一
三田光一

月の裏側を透視したとされる写真
三田念写月裏






三田光一
(みた こういち、1885年 - 1943年)は、日本の自称透視能力者。宮城県気仙沼市生まれ。御船千鶴子、長尾郁子らとともに福来友吉によって発掘された「超能力者」の一人。
1933年に、福来友吉の発案により岐阜市で行なった、月の裏側の念写で知られる。
月の裏側の念写についての真贋[編集]
1931年6月24日と1933年11月12日に当時見ることのできなかった月の裏側の念写に成功したとされた[1]が、これは長年検証できなかった。
アポロ計画の際アメリカ航空宇宙局(NASA)が発表した、実際に撮影された月の裏側の写真と三田が念写した写真を比較すると、三田の写真には実際の月の裏側にはほとんど存在しない「海」を思わせる黒い部分が写し出されている点や、月よりはるかに暗く見える星が月と同じ明るさで写っていたり、星の配置がランダムでなく人間の手で描いた特徴があるなど、似ても似つかないほど異なっている[1]。
三田の念写写真とNASAの探査機の撮影した写真が一致したとする近藤千雄『心霊科学本格入門』や1992年放送の『ワンダーゾーン』についても、一致したとする「NASAの写真」は実際には三田の念写写真そのものでありNASAの写真ではない[1]。
なお1918年2月12日に三田は念写実験でフィルムを入れた箱のすり替えをするトリック使用が発覚した過去がある[1]。‐wikipedia

1.出典[編集]
^ a b c d 山本弘「NASAより早く月の裏側を写した!?三田光一の念写!」『トンデモ超常現象99の真相』洋泉社文庫、2006年、pp.396-400


..............このwikipediaの解説では、作家山本弘氏の説を鵜呑みにして、全くのイカサマ師としているが、私はそのようには思いません。なぜなら、似ても似つかないなどと言っているが、地球にしたところで例えば日本の裏側はブラジル付近ではあるが、アフリカや南極も日本の裏側と言って言えないことはないからです。ブラジルを中心とした宇宙から写した地球の写真と、アフリカや南極を中心として写した写真では似ても似つきません。
要するに、本当に一致点があるのかないのかということは、月球儀を手に取って半日くらいかけて見なくてはわかることではないはずだからです。


尚、三田氏の月の裏の念写については、次のような解説もあります。


『近代スピリチュアリズムの歴史』

.............「昭和60(1985)年、福来の死後33年後に、元東大教授で日本心霊科学協会常任理事の後藤以紀が『月の裏側の念写の数理的検討』を同協会研究報告の第2号として出版した。後藤は工業技術院院長も務めたことのある電気工学界の長老で、とくに数学に長けていると言われていた。この報告書は三田光一が念写した月の裏側の写真を、NASAが作成した図形上のクレーターや『海』の位置と比較したものである。NASAは1969年7月から1972年12月にかけて月面探査機アポロ11号から17号までを打ち上げ、撮影した月の写真に基づいて地図と月球儀を作り、クレーターや『海』の名称と、月面の緯度、経度による位置を発表した。後藤は東京日本橋の丸善でその地図と月球儀を見て、三田光一の念写写真と非常によく似ているのに驚いたという。彼は買い求めた月面地図の上に31ヵ所の地点を定め、それらが三田光一の念写写真の上の何処に求められるかを(つまりどのような角度で写されているかを)計算によって判定し、1つ1つ確かめていったところ31ヵ所すべてが一致したという。これは驚くべきことだ。一致したという事実が驚くべきことであると共に、心霊(超心理学)研究上驚くべき業績だと言える」(一条真也のハートフル・ブログ‐2012/08/04)より

元東大教授、工業技術院院長という人が月球儀を元に、月面地図の上に31ヵ所の地点を定め、それらが三田光一の念写写真の上の何処に求められるかを(つまりどのような角度で写されているかを)計算によって判定し、1つ1つ確かめていったところ31ヵ所すべてが一致したという。.........とのお話です。


もちろん私は、この人物に限っては、上記のwikipediaではなく、こちらの側に真実があると思います。

....................

人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!


人気ブログランキング
にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ
にほんブログ村



この元画像におけるこの仕上がり(1枚目)で ¥30000
カラー化不要の場合(3枚目)は¥20000
※もちろん簡単な作業は、¥1000から行います。





🔴 ご依頼お見積もりはこちらまで 

m.kakougousei@gmail.com


※ご希望の加工内容とお写真を、表記のアドレスまでお送りください。
○スキャニングした写真、または直接撮った写真、一枚5MB未満のjpegの写真を送信して下さい。この段階では、お客様の個人情報の記入は任意とさせていただきます。

○白黒写真のカラー化においては、当方では画像の画素数はあまり問題としませんので写真の写真(写真を写した写メでも構いません。パソコンへ入れて画像を開かずとも見た目で十分に判断がつきます。ネット上で検索すれば出てくるようなものは、その旨をお知らせ下さい。もちろん、その場合は画像送信は不要です)。

○ただし、本作業においては、必ずスキャニングしたデータをお送り下さい。※しかし、お客様が「この画像でそのままやってくれ」と言われる場合はもちろん、そのままやります。スキャナーがない場合は、直接写真を郵送して下さい。作業終了後に返送させていただきます。(+¥1000 ※料金は全て税込みです)また、写真現物そのものではなく精彩なコピーでもかまいません。コピーの場合は返送せず、こちらで処分させていただきます。

○見積もり時に送っていただきましたデータは、見積もり回答後お返事のない場合は一週間後に消去いたします。

○ 尚、見積もりは、特別な問題が発生しない限り、画像を受け取った日より必ず5日以内に回答させていただきます。

○加工修正後の本データのお受け取り方法は、ダウンロード、CD-Rの郵送(この場合、2Lプリントを一枚付けます)、どちらにも対応しますので、見積もり依頼時にお知らせ下さい。CD-R郵送の場合は、+¥1000

お支払いは、サンプルで出来映えを確認、修正、納得された後!

○作業について ‐作業完成まで、基本三日以内でできますが、混んだ場合も二週間以内には納品致します。諸般の事情により、どうしても二週間以内は無理という場合は必ずその旨事前に連絡致します。
完成品のサンプルを、お客様のスマホかパソコンにお送りします。修正したい所があればご指摘下さい。(一応三度までとさせていただきます)問題がなければその旨お伝え下さい。

注文フォーム


○納品について ‐以上の経緯の後、ご入金を確認次第ただちに完成品を送信、もしくは郵送致します。
入金口座 : ゆうちょ銀行 店番218 普通預金2925655 マエダ ショウジ

※万が一、忘れ等のこちらのミスにより、ご入金後、送信の場合は5日、郵送の場合は10日経って完成品の送信、郵送が行われなかった場合は、料金は全額お返し致します。(その場合も完成品は送らせていただきます)

○納品後も、もしお気づきの点があれば修正については、一枚につき二度までは無料にて行います。ただし、修正画像のお受け取り方法はダウンロードに限らせていただきます。※尚、お預かりしましたお写真のデータは個人情報なので、特別な理由がない限り、納品の日より10日で消去させていただきます。


お気軽にご相談下さい!※コメント欄もご活用下さい。


🔴 料金
¥1000〜(※消費税込みです。白黒写真のカラー化は¥5000〜) 


幼児が作ったラインスタンプ!?
ハム次郎一家(知人の子供が書いた絵です)



アートスタジオ 前田

Tel 080-2613-2946(平日10時〜17時)

e-mail m.kakougousei@gmail.com


〒490-1143 愛知県大治町 砂子西腰掛畑1870-1-501



出張スキャン行います!
料金:¥2000〜
電話にてご確認ください。(名古屋市守山区の場合¥4000)



事務所紹介ロゴ







スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する